カテゴリ:未分類( 2 )

復帰第2弾!

皆様、こんばんは。

前回の、復帰ダイビングの投稿には、それこそ電話が鳴りやまない、メールが次々に・・と、こんなに見守って、心に留めて、心配して下さった方がたくさんいたことに、本当に驚き、また本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

本当に、本当にありがとうございます!涙が溢れました。

そして、昨日、お尻に火のついたサンゴ調査と、盛り上がってきた気持ちが止まらず、昨日24日、復帰第2弾のダイビングに行ってまいりました。

大興奮の、復帰第1弾。
そりゃもう大変だった原因は、5mmの厚いネオプレンドライスーツにあるとおもいました。
そして思いついたのが、シェルドライを着れば楽になるんじゃないか。という事でした。
そうでした。元々僕は大学時代からシェルドライ派で、歳を取るにつれ寒がりになり2010年あたりからしか、ネオプレンドライはあまり着ていなかったのです。
そして、英国に留学していたTさんが、帰国時に買って来てくださった、めちゃ温ったかインナーが僕にはあるではないですか!
Tさんの帰国は事故後だったため、めちゃ温ったかインナーを実践投入した事もなかったので、これで行くことにしました。

行く先は、僕の卒論・修論研究の場、青春の思い出が山と沈んでいる鹿児島最北、長島の海です。
20年来お世話になっている漁師さんに電話をして水温を聞くと、「14か15℃ばっかじゃなかとかねー。」との答え。うっ、つ冷たい・・。

しかし、1997年頃から長島の海にサンゴが増え、水温が低いながらも年々サンゴは増え、長島で遠く受け継がれてきた、刺し網やはえ縄を使ったアラカブ漁が、漁具がサンゴに引っかかって仕事にならないという漁師さんの声も聞かれるようになりました。

またもやあいにくの天気で、冷たい小雨が降る中、港から船で走る事15分、目的の調査地点です。もう20年近くGPSで地点を特定し、ドボンと飛び込むと、目の前に広がるのは驚きのこの景色です。

a0138196_23365840.jpg
どうですか?この景色。天気が悪くて暗いですが、まるで沖縄のサンゴ礁・・。今や、白化やオニヒトデの被害を受けた南の海でもこれほどのサンゴ群集はなかなか見ることが出来ません。
実は、2000年頃までは、この辺りは、アカモクやヤツマタモクといったホンダワラ類の海藻の海中林だったのです。
今では、海藻の仔が着底する岩礁は全てサンゴに覆いつくされてしまいました。
この景色、一部分かと言えば、全くそんな事ではなく、この地点では、少なくとも1km×100mがこの状態です。

a0138196_23445977.jpg
足の踏み場は、所々にある砂地だけです。
これは、調査後に娘の体験ダイビングをする様子を海面から写したものですが、サンゴ群体の大きさも、ちょっと見えにくいですが分かるかと思います。

a0138196_23471615.jpg

娘も思いもよらなかったサンゴの海にご機嫌です。
水温14.8℃ですが、とても楽しい様子。
僕も、シェルドライにして大正解。ただでさえあまり動かない脚をフルに動かして、何不自由なくと言えば大袈裟ですが、潜ることが出来ます。
おまけに24時間365日僕を苦しめる下半身の灼熱痛が、低い水温で気持ちいいくらいです。
なんて素晴らしいんだ!海の中!

2カ所目のポイントへ移動する頃には、北西の風が吹き始め、ますます暗くなってきました。

a0138196_23515227.jpg

ですが、魚たちが目の前にいる、こちらを見ている、海の底にいるんだという事だけで感動は続きます。
なんて魚たちは美しいのでしょう。魚たちだけではありません。全ての生き物たちが輝いて見えます。
頬をくすぐり、身体を持って行こうとする潮の流れさえ愛おしいです。

a0138196_23562102.jpg

密かに周りの皆さんと話しながら心配していた老眼の恐怖も、ミズガメカイメンのひだの間で寒さに耐える、タレクチウミタケハゼがきちんと見えました。カイメンにまとわりつくチンチロフサゴカイの触手が餌を口へと運ぶのも何とか見えました。
けれど、思わず眼鏡と間違って、マスクを上にずらしてしまいそうになる自分が怖い(笑)


a0138196_00065521.jpg
海に帰って来たぜー‼
ヤッホ~!!

長かったなあ・・・。

by geikai_diver | 2017-12-26 00:16

ダイビング復帰!

2年9ヶ月ぶりにダイビングに復帰しました。

2011年10月9日、重度のⅡ型減圧症になってしまいました。
胸から下の半身完全麻痺、上肢の震顫、聴力の低下、視野狭窄、24時間絶え間なく襲いかかる激痛。
まさに悪夢の日々でした。
医療スタッフの皆さんの、素晴らしい治療と、リハビリ、家族や友人の支えもあり、カタツムリが這うようにゆっくりと、行きつ戻りつ回復の道をたどってきました。

そして、2014年7月5日、妻のバックアップの下、2年9ヶ月ぶりのダイビングです。

潜るのは、もちろん錦江湾。沖小島へ・・。
潮の香りと、頬を切る海の風がたまりません!

ポイントは「ネジ畑」、梅雨の大雨続きで濁っています。
沖小島ではたくさんの小鳥のさえずり。
毎日のように潜った記憶が蘇って来ます。

四苦八苦しながら、ウェットスーツを着、ダイビング機材を準備します。
体がまだ思うように動かず、以前はたやすく出来たこともなかなかできません。

タンクは酸素分圧50%のナイトロックスと純酸素を準備しました。
再発を避けるため、残留窒素を0にしてからエキジットする段取りです。

エントリーは、フロントロール。
懐かしい感覚です。
水面を突き破り、泡に包まれる最高の瞬間。

予想通り、下半身はあまり動きませんね・・。
でも、重力に開放されて、痛みが軽くなります。
妻に誘導され、海底へ。
懐かしい海底。この岩、この石、このサンゴ、何も変わってません。サンゴはちょっと大きくなったかな。
錦江湾の岩。生物のカオスとなった岩。

a0138196_9593538.jpg


クマノミはもう、卵を守っているなあ。

a0138196_1013175.jpg


岩陰をのぞくと早速目に飛び込んできたのは、昨年生まれのマダラギンポのチビ。
なにやら怪しい動きをするのは、ムスメウシノシタのオス。
左奥の砂底に潜って目だけ出しているメスに猛烈アピールです。気合が入りすぎて、えび反ってます(笑)

a0138196_10397.jpg


経験豊富なオトナのオスならこんなことしませんよ。
メスの上、それも頭をおおいかくすように乗っかっちゃいました!
これではメスは息ができません。苦しそうに悶えています。

a0138196_10194535.jpg


メスは苦しくって逃げちゃいました。
哀れ振られたオス君。
メスのお腹は手前の体側に沿って、熟した卵巣でふくらんでいます。

a0138196_10224057.jpg


砂底に目をやると、いましたいましたヒラタブンブク。
砂底をたくさん耕して、海底を綺麗にしてね。

a0138196_10245929.jpg


ちょっと深い方、といっても7mほど。
アカオビハナダイが群れています。小さなメスたちが主な構成。
オスも一匹いたのですが、逃げて行っちゃいました。

a0138196_1027301.jpg


突然、目の前を覆う、キビナゴの群れ。
今回のお目当てはキビナゴの産卵だったのですが、まだ水温が低いようですね・・。
メタリックな輝きと動きに目が付いていきません。

a0138196_10294837.jpg


お腹はパンパンなので、きっとたくさんの卵をもっているのでしょう。
キビナゴの群れに囲まれてしまいました。

a0138196_1031188.jpg


事故以来、いやそれまでも、懸命に僕を支えてくれた、妻尚子。
いくら感謝しても、しきれません。

a0138196_10332541.jpg


最大水深7.7m。潜水時間66分。
浅く、短いダインビングでしたが、四六時中、思い焦がれた海中世界です。
心の底から、楽しくて、感動しました。

僕が苦しんでいた時間も、海の中では脈々と生き物たちの時間が流れていたんですね・・。

陸の上では、まだ激痛に苛まれ、動きもままなりませんが、海中では浮力に支えられ、とても快適な時間を過ごすことができました。

まだまだ辛い、治療、リハビリの日々が待っており、激痛の日々も続くでしょうが、海にまた潜れたことが大きな力となりました。
新しいダイビング生活が今からスタートです。

主治医、看護師の皆さん、理学療法士の皆さん、家族、友人たち、支えてくださる方々への感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

また、ゆっくり、焦らず、海の世界へ戻っていこうと思っています。

a0138196_10444323.jpg

by geikai_diver | 2014-07-06 10:09