<< 泥底うろうろ いい泥! >>

深場へ降りると・・

今日は朝から、桜島が元気でした。
ものすごい噴煙をあげていましたが、西風で火山灰は大隅半島側へ・・。
先月の爆発回数は130回を超えたらしいです。おそろしや・・。

さて、昨日に引き続き、秘密の入り江のお話し。
浅場のエビとウニに、長々と引っかかっていたものの、やはり一段落したら、どん底へ・・。
水深30m付近から、海底の泥は、砂の割合が高くなってきました。ちょっと触ると、土砂崩れのように下に崩れて行ってしまいます。不安定な砂泥底に見切りをつけ、岩場の方へ・・。
ゴツゴツとした溶岩の上は、エントウキサンゴと、ヤギ類のお花畑。暗さも相まってポリプ全開です。
砂泥底と岩礁の境目辺りには、小魚たちがたくさん。
その中に特徴的な模様の魚が・・。
アカタマガシラの幼魚です。
成魚は、深海たて縄などで漁獲されて食卓にも上がる、真っ赤な魚。
でも、幼魚は似ても似つかない模様と色彩です。肩のところの黒い紋が目立ちます。
水深50m付近ではよく見かけるのですが、30m台にいるのは錦江湾では珍しいです。
それに、いつもはあまり近寄らせてくれないのですが、今日はとっても寄れます!
ライトに照らされて、ファインダーの中に浮かび上がる姿の美しいこと!
1/2倍までしか寄れない100mmマクロの最短距離でぎりぎり画角におさまるくらいなので、全長7cmほどでしょうか。
逃げそうになっては、また戻ってきて・・、を繰り返し、しばらく遊んでもらいました・・。
うるうるしたような目がかわいかったです。

120分のダイビングもあっという間でした・・。

a0138196_22482493.jpg

by geikai_diver | 2010-02-02 22:26 | 錦江湾
<< 泥底うろうろ いい泥! >>