カテゴリ:近況( 1 )

近況と再発進!

どれ程長く、ホームページ、ブログを放置していた事でしょう。
事故に遭い、重度の減圧症になったのが、2011年10月9日。
「ダイビング復帰!」と記した前回の更新が、2014年7月6日。その回には、「2年9カ月ぶりにダイビングに復帰しました。」と書かれています。

皆様には大変なご心配をおかけいたしまして、本当に申し訳ございません。

しかし、重度のⅡ型減圧症とは、そんなに甘いものではなかったのです・・。
事故からはすでに6年が経過しました。
動かない下半身、24時間365日続く言葉に表せないほどの激痛で消耗していく身体と心・・。
以後も入退院を繰り返し、毎食後に手のひら一杯の薬を飲み、苦しいリハビリ・・、減圧症との闘いは続きました。いや、今も続いています。
体力は衰え、気力は何度も折れ、苦しみは今も続いています。

しかしながら年月は、少しずつ身体を癒してくれるようです。
ゆっくりとじっくりと、出来る事が一つずつ増えてきました。
それもこれも全て応援してくれた家族、仲間たち、医療関係者の皆さんのおかげです。

そして、2017年12月17日。
事故の時、41歳だった僕も48歳になりました。
小学5年生だった娘も、もう高校2年生です。12歳になって、素潜りで10m潜れるようになったらスキューバを教えてあげると約束していたので、一生懸命素潜りを練習して条件をクリアしたのですが、事故直前に学科講習だけして海洋実習はお預けになってしまい早6年が経過してしまいました。

2000年から続けているサンゴの調査を兼ねて、本当に久しぶりのダイビングです。
しかもドライスーツですから、潜るまでが大変だったこと・・。水中もですが・・。

うまく潜れたかどうかは別として、再び海へ還る一歩を踏み出しました。
そして、ダイビング終盤、シュノーケリングをして待っていた娘の体験ダイビングです。

あいにくの天気で、うねり・濁りの中でしたが、4歳からシュノーケリングを楽しんできた娘にとっては、海の中に留まれるという事がとても新鮮で、楽しかったようです。
良かった。
娘が小学5年生の時の約束の一部を、高校2年生になってやっと果たすことが出来ました。
娘も喜んでくれましたが、僕の喜びはそれ以上のものだったかもしれません。
海の水が涙を隠してくれました。

昔のようなダイバーに戻ることはできないでしょう。
しかし、それに近付くことができるという可能性のしっぽを捕まえました。
僕はやはり、水の中を、そこに生きる生き物たちをこよなく愛するダイバーなのです。
まだまだ続くであろう苦しい時間を、気持ちを心をより強くして、感謝の気持ちを胸に前に進んで行きます。
これまでと同じように温かく見守ってくださいね。



a0138196_23493715.jpg

a0138196_23501089.jpg


*業務のお知らせですが、ダイビング機材・スーツ類や水中撮影機材の販売・メンテナンス等は、変わらず続けております。
30年、5万時間を超えるダイビング経験に基づいた、機材選択のアドバイスや、確かな技術による機材のOH等、何でもご相談ください。
ただ、店での対面対応やお電話での対応は、体調の事もあり、まだ行っておりませんので、メールでお尋ね頂けましたら幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。





by geikai_diver | 2017-12-19 00:25 | 近況